人間関係

話しかけられづらい人の共通点 ~7つの特徴~

あなたは普段、
周りから「話しかけられづらい」という事で悩んでいませんか?

人とコミュニケーションをとる中で、
話しかけられやすい雰囲気作りというのは、とても大切なことですよね。

そこで今日は、
話しかけられづらい人は普段、どのような特徴や共通点を持っているのか。
という事について、お伝えしていきたいと思います。

是非、参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

1:テンションが低い

まず、話しかけられづらい人のほとんどに共通している部分として、そもそものテンションが低いという要素が挙げられます。

相手と話す時(特に初対面の人や、まだそこまで仲の良くない人)に対しては、自分を無理やり騙してでも、ある程度テンションを上げる必要があると感じます。

テンションが低いと、やっぱり相手も話しかけづらいなと思ってしまうんですね。

もちろん馬鹿みたいにテンションを上げる必要はありません。テンションを上げる時は、相手と同じレベル、もしくは相手のテンションの少し上になるように意識してみてください。

2:挨拶がそっけない、自分から挨拶をしない

挨拶もただすればいいというものではなく、しっかり相手の目を見て、笑顔で明るく挨拶する事で初めて意味があります。

挨拶って当たり前の事なので意外と軽視している人が多いのですが、周りと差をつけるためにも印象のいい挨拶をする事をぜひ意識してみてください。

そしてもう一つ大事なのは”自分から”挨拶をする事です。

挨拶をされてから返すのでももちろん良いのですが、自分から先に挨拶をした方が印象は断然良くなると思いますよ。

また挨拶と同時に軽く頭をさげる事も重要です。挨拶と同時に頭も下げられる人は意外と少ないのでポイントですね。

3:相手の目を見ない

先程の話でもそうなんですが、挨拶をする時や人と話す時は「相手の目を見る」ということは本当に大切なことです。

目を見て話さないとどうしても弱く、自信のない印象を相手に与えてしまうんですね。

ただあまりにも相手の目を見て話しすぎると、相手も窮屈に感じてきてしまいますので、時々目線は外すようにしてください。

目線を外す時は、目線を「逸らす」というよりも、目線を「外す」というイメージでできればベストかと思います。

4:話かけられてもリアクションが薄い

相手がせっかく話しかけてくれても、リアクションが薄いと相手に「迷惑だったかな」「自分の事嫌いなのかな」と勘違いされてしまう可能性があります。

最初のテンションの話とも繋がる事なのですが、相手の話には多々オーバーな位の気持ちでテンションを上げて、リアクションを返してあげることが大事です。

5:口数が少ない、笑わない

話しかけられづらい人の特徴という点ではやはり、「口数が少ない」「笑わない」というのはマイナスのポイントになってしまいます。

口数が少ないと、どうしても相手はその人の事が分らないし、分らないから相手も何と話しかけていいのかが分らなくなってしまうんですね。

また、笑わないという事に関しても同じで、相手がどんな事で笑うのかが分らないし、何より笑わない人は感情がなく怖いといった印象を持たれてしまう可能性があります。

なので初対面の相手や、まだそこまで仲が良くない相手に対しては、できるだけ最初に、

「自分はこういう人間で、こういう事に興味があって、こういう所で怒って泣いて、こういう所で笑うんだ」

といった風に自己開示をしていき、まずは相手に自分の事を知ってもらう事が大切です。

6:ネガティブな発言が多い

「疲れた」や「めんどくさい」また「人の悪口」といったネガティブな発言が多い人と一緒にいると、相手も正直良い気分はしないと思います。

話しかけづらいイメージを払拭する為には、できるだけネガティブな発言は控えましょう。

7:話かけるなオーラが漂っている

言葉では少し説明しにくいんですが、「話しかけるなオーラ」が出てる人というのは確実にいると思うんですね。

例えば完全に自分の世界に入ってしまっている人や、常にイライラしてるような人です。

もうこれに関してはとにかく意識して、特に周りに人がいるような時は極力そういったオーラを出さないようにしていくしかありません。

そしてまた、今回の話のような「話しかけられづらい人の特徴」 の一つ一つが、そういったオーラを出してしまう原因に繋がるのではないかと思います。

「話かけられづらい人」と「話しづらい人」 は違う

今この記事を書いていて思った事なんですが、
「話かけられづらい人」と「話しづらい人」というのは、全く別なんだという事に気が付きました。

話しかけづらいなと思っていた人でも、話してみると意外と話し易かったという事は実際いくらでもあると思うんですね。

でも、話せば相手と仲良くなる事ができるのに、「話しかけられづらい」という理由だけで、
相手と仲良くなれるはずのキッカケを失ってしまうのはすごく勿体ない事だと感じました。

ぜひ今日の話を参考にして、話しかけられやすい人になる事を意識してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。今日の話が少しでもあなたのお役に立てたならば、
是非下記のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

  ブログランキング・にほんブログ村へ

ソーシャルメディア

関連記事

  1. 人間関係

    おとなしい人の特徴とそのイメージを払拭するための打開策

    「おとなしい」という事は、決して悪いことではないし、ダメなことでもない…

  2. 人間関係

    相手に気付かれず敬語からタメ口へと自然に変える方法

    「敬語からタメ口に変えて、相手との距離を縮めたい」と思っている人は多い…

  3. 人間関係

    なぜ、あなたの話は誰にも聞き入れてもらえないのか?

    例え同じことを言っていても、誰が言うかによって、聞き手に影響する言…

  4. 人間関係

    相手の本音を知る方法 ~言葉と行動がいつも裏腹な相手の本音~

    ■「好きだ」と言ってくれるのに、態度ではそれが全く感じられない彼氏、彼…

  5. 人間関係

    そのクセや習慣が他人を不快にさせる

    あなたは、自分のクセや習慣というものを理解しているでしょうか?…

  6. 人間関係

    あなたは大丈夫?自分に自信がなさそうに見える人の特徴63選

    自分に自信がないという人は、世の中には沢山いると思います。でも…

スポンサードリンク

人気記事

おすすめ記事

facebook

  1. 感情コントロール

    迷惑なおばさんにイラッとさせられた時のベストな対処法を伝授
  2. 話題・会話ネタ

    周囲に理解されない自分だけの変わったクセや習慣65選
  3. 成功哲学

    面白い仕事を任される人の共通点
  4. 人間関係

    相手に気付かれず敬語からタメ口へと自然に変える方法
  5. 人間関係

    話しかけられづらい人の共通点 ~7つの特徴~
PAGE TOP